ティリングハースト設計のニュージャージーの名門コース

[Somerset Hills Country Club/サマーセットヒルズ・カントリークラブ]

アメリカ東海岸ゴルフ旅の第10ラウンドはニュージャージー州のバーナードにあるサマーセットヒルズカントリークラブ。

クラブの設立は1899年。現在のコースは1918年に場所を変更してA・W・ティリングハーストの設計で開場。

クラブがあるサマセット郡はアメリカ合衆国でもっとも古い郡の一つで、イングランドの南西部サマーセット州から名付けられたようです。

クラブのロゴもサマーセット公爵のエンブレムの一部をいただいたのだとか。

ゴルフマガジン社の世界TOP100コース(2015年)の71位にランクインされていて、そして、12番ホールと15番ホールはThe 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundred(世界のベスト500ホール)にそして15番ホールはThe Best Holes Designed by A.W.Tillinghast(ティリングハーストが設計した最高のホール)の18ホールの中の1つにも選ばれています。

そして、3日前にラウンドした同じティリングハースト設計のウイングドフットGCのクラブハウスでサマーセットヒルズの13番ホールはパー4だけどグリーンがビアリッツグリーンで現在もその形状が残っているということを知ったのでティリングハーストがどうビアリッツを表現しているのかも興味があります。

その時の記事はこちら「ティリングハーストが造ったビアリッツグリーン

ティーはレギュラーティーからティーオフ。

 

1番ホール(Orchard) 440ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4

01aDSC08569

01bDSC08570

フェアウェイは左から右に傾斜しています。

01cDSC08571

 

2番ホール(Redan) 175ヤード パー3

レダンホール

02DSC08573

かなりレダンらしいホールでした。

02DSC08613

2番のレダングリーンを奥側から見た風景。

02zDSC08576
 

3番ホール(Bunker Hill) 360ヤード パー4

ストレートなパー4

03aDSC08575

砲台グリーンの花道の手前には横長のバンカーが。

03bDSC08578

03cDSC08580

 

4番ホール(Dolomites) 427ヤード パー4

距離のあるパー4

04aDSC08581

04bDSC08582

04cDSC08584

グリーンから振り返った風景

04zDSC08585

 

5番ホール(Nairn) 329ヤード パー4

距離の短いパー4

05aDSC08586

05bDSC08588

グリーンの周りはバンカーでガードされています。

05cDSC08589

グリーンのアンジュレーションも変わっていました。

05dDSC08590

 

6番ホール(Plateau) 491ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

06aDSC08591

コース途中にはスウェルが横ぎっています。

06bDSC08593

06cDSC08594

06dDSC08596

 

7番ホール(Racetrack) 445ヤード パー4

かつてはこのフェアウェイの外側が競馬場のトラックだった距離のあるパー4

07aDSC08598

07bDSC08600

07cDSC08602

07dDSC08603

07eDSC08606

 

8番ホール(Dip) 205ヤード パー3

池越えの距離のあるパー3

08DSC08609

 

9番ホール(Westword Ho) 514ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

09aDSC08615

コースはドッグレッグ地点でバンカーでセパレートされています。

09bDSC08617

09cDSC08619

 

10番ホール(Sunningdale) 485ヤード パー5

打ち下ろしの距離の短い右ドッグレッグのパー5

10aDSC08620

ティリングハーストのオリジナルホールはパー4だったようですがグリーンを奥にしてパー5に改造したのだとか。

10bDSC08621

10cDSC08622

 

11番ホール(Perfection) 388ヤード パー4

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー4

11aDSC08623

セカンドはクリーク越え

11bDSC08625

 

12番ホール(Despair) 140ヤード パー3

グリーンの手前と左サイドが池に囲まれているパー3

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundred(世界のベスト500ホール)に選ばれています。

12DSC08626

 

13番ホール(Corner) 391ヤード パー4

ストレートなパー4

13aDSC08627

ビアリッツグリーンがあるホールです。

13bDSC08628

13cDSC08630

今日のピンはビアリッツグリーンのスウェルの中に切られていました。

13dDSC08631

グリーン左サイドからみたスウェル。

13eDSC08632

こちらはグリーン左後方から。

13zIMG_2095

グリーン右サイドからみたスウェル。

13zIMG_2098

 

14番ホール(Ridge) 366ヤード パー4

ストレートでセカンドが打ち下ろしのパー4

14aDSC08634

14bDSC08636

14cDSC08637

 

15番ホール(Happy Valley) 375ヤード パー4

右ドッグレッグでセカンドが打ち下ろしのパー4

The 500 World's Greatest Golf HolesのThe Five Hundred(世界のベスト500ホール)とThe Best Holes Designed by A.W.Tillinghast(ティリングハーストが設計した最高のホール)の18ホールの中の1つにも選ばれています。

15aDSC08638

セカンドは打ち下しでクリーク越えのパー4

15bDSC08639

15cDSC08641

 

16番ホール(Deception) 162ヤード パー3

グリーンが左から右に傾斜しているパー3

16DSC08643

16DSC08644

 

17番ホール(Quarry) 370ヤード パー4

ブラインドのパー4。ティーショットは正面に見える木狙い。

17aDSC08645

セカンドは打ちおろし

17bDSC08646

17cDSC08648

17dDSC08649

 

18番ホール(Thirsty Summit) 321ヤード パー4

距離の短い打ち上げのパー4

18aDSC08650

18bDSC08651

18cDSC08654

 


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください