開場時の荒々しさを取り戻した日本の至宝

[廣野ゴルフ倶楽部]

今年の1月から9月末まで原点回帰をテーマにしてリノベーションしていた廣野ゴルフ倶楽部。

改造を終えて10月から再オープンした直後の廣野をラウンドしてきました。

改造前の最後のラウンドは去年の10月に。ちょうど一年前です。その時に改造について記事にしていました。

今回、改造を担当したのは、Martin Ebert/マーティン・イバート。

マーティンは、廣野を設計したC・H・アリソンと同じ英国人で、全英オープンのロタの9コース中、7コースの改修を担当しています。

流行りの米国人の人気設計家ではなく、廣野がマーティンを選んだのは、アリソンの設計思想を理解できる同じ感性を持っている英国人にしたいという流行に流されない廣野らしさがありますね。

1939年にナショナルゴルフレビューという雑誌で世界で初めてゴルフコースのランキングが発表されましたが、廣野は当時なんと7位にランキングされていました。

そんな廣野も戦時中はコースが閉鎖されて畑になり、戦後にコースが復元されましたが、アリソンのオリジナルとは少し違う状態で復元されていました。それを開場当時の状態に復元するのが今回のテーマでした。

ラウンドした感想は、コースが開場当時の荒々しさを取り戻した素晴らしい改造だったと思います。

コース内には広範囲のウエストエリアが復元され、バンカーのシェイプもクラシックスタイルに。そして長い年月で育ってしまったコース内の木の伐採を行い、当時の状態に近づけて景観を良くすることと、本来のIPポイントの見直し、グリーンのアンジュレーションの見直しなど見た目以上に変化のある改造になっていました。

特に6番、7番、13番、14番、17番のリノベーションが素晴らしかったです。

コース内のウエストエリアは、改造直後なので、まだ馴染んではいませんでしたが、これから年月が経てば馴染んでくると思います。

あいにく3番ホールまでは濃い霧でコースの様子が分かりにくいですが4番からは視界も良好になりました。比較しやすいように改造前の写真も掲載しておきます。(写真の下に「改造前」とキャプションを付けてます。)

ティーはレギュラーティーからティーオフ。

1番ホール 487ヤード パー5

ストレートな距離の短いパー5

改造前
改造前
改造前
改造前

2番ホール 410ヤード パー4

ストレートなパー4

改造前
改造前
改造前

3番ホール 401ヤード パー4

ストレートなパー4。

ティーイングエリアの前方にはウエストエリアが広がっています。

改造前
改造前

4番ホール 377ヤード パー4

ほぼストレートなパー4

下の改造前の写真と比較すると明らかに右側のツリーラインが変わっているのがわかります。

改造前

グリーンは右側に移動されていました。

5番ホール 139ヤード パー3

距離の短い谷越えのパー3

木の伐採とバンカーのシェイプが変わることによって砲台感が強調され、さらに素晴らしいホールになっているのがよくわかります。

改造前

6番ホール 396ヤード パー4

ティーショットで巨大なマウンドを越えさせるパー4

このホールにもティーイングエリアの前方に巨大なウエストエリアが。マウンドの手前にもウエストエリアがあることでマウンドが高く見える効果がありました。

改造前

マウンドの前のウエストエリア。

改造前

7番ホール 173ヤード パー3

窪地越えのパー3。

今回の改造で一番期待していたホールです。

かつてこのホールはDevil’s dibot/デビルズディボットと呼ばれる巨大なウエストエリアグリーン手前の窪地に広がっていました。メンテナンスなどを考慮して当時ほどの荒々しさではありませんが、見事に復元されていました。

グリーン左横にあったバンカーは無くなっているので左側はセーフティーゾーンに。

改造前

迫力のあるパー3が復活しました。

ウエストエリア手前から見上げたグリーン。

左に人が写っています。その巨大さがわかるはず。

こちらは前の6番ホールから横から見た7番グリーンとデビルズディボット。

8番ホール 332ヤード パー4

距離の短いパー4

こちらもティーイングエリアの前方にウエストエリアが。

改造前

そしてグリーン左サイドと奥にあった竹が伐採されて広々としました。

改造前

9番ホール 491ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

右サイドの木の伐採でコース全体の見通しが良くなりました。

改造前
改造前

グリーン左手前にあった木も伐採されて地形が分かりやすくなりました。

改造前

朝のスタート前にクラブハウスからみた9番グリーン。

10番ホール 334ヤード パー4

距離の短いパー4

改造前
改造前

11番ホール 389ヤード パー4

ストレートなパー4

改造前
改造前

12番ホール 570ヤード パー5

谷越えの左ドッグレッグのパー5

改造前
改造前

13番ホール 134ヤード パー3

打ちおろしで池越えのパー3。

こちらのホールも今回の改造で待ち望んでいたホール。こちらのティーは今回復元されたアリソンが設計した当時のアングルのオリジナルのティーイングエリア。

そしてこちらのアングルのティーイングエリアが改造前のアングル。日によって使用ティーが違います。今は土日はオリジナルティーで平日は以前のティーでした。こちらのティーもグリーン左の木が伐採されて地形のラインが美しく見えるようになりました。

13SN3O0276.jpg
改造前

14番ホール 353ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

改造前から私が廣野GCで一番好きなホールが14番ホールでした。
自然なスロープを使った素晴らしい左ドッグレッグのパー4だったのですが、改造により、更に魅力的なホールに。

左側の木々を伐採して2ウェイのルートがあるパー4になりました。

改造前

今までは傾斜を登り切らなければ左に転がり落ち、木が邪魔していてパーオンするのが難しかったのですが、木の伐採により、グリーンが狙いやすくなりました。

そして新しくフェアウェイの真ん中にバンカーを設置。このバンカーができたことで、ティーショットを安全にバンカーの右側に狙って、セカンドが距離が残る選択をするのか、果敢に左側を攻めてセカンドショットを短いクラブで打つのかという選択が明確になる素晴らしいホールになりました。このバンカーはおそらくオリジナルにはないマーティン・イバートのアイデアだと思います。

改造前

15番ホール 500ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5。The 500 World’s Greatest Golf Holesに選出されています。このホールにもティーイングエリアの前方にウエストエリアが。

改造前
改造前

下の改造前の写真と比較してほしいのですが、バンカーのシェイプが変わり、バンカーを視認しやすくなっています。

改造前
改造前

16番ホール 373ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

右に見えるバンカーが追加されました。

改造前
改造前

17番ホール 210ヤード パー3

池越えの距離のあるパー3。

グリーン左サイド手前にある池(ティーイングエリアの前方の池ではない )が木の伐採により、視認しやすくなりました。今までは全く気にならなかったのですが、池をはっきりと視認できるようになり、「引っかけたら怖いなぁ」と発言した直後の私のティーショットは引っかけて池に。。(笑)

今まで何度もラウンドしていてグリーン左サイド手前の池に入れたのは初めてです。リノベーションの効果を身をもって体験できました。

改造前

こちらが今までもあったのに今回初めて、池ポチャしてしまった池。

グリーン奥まで池は続いていなかったような気がするので今回のリノベーションで池が広くなったかもしれません。

18番ホール 374ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

荒々しさを廣野が取り戻した象徴のような最終ホールです。改造前も、一番最初にラウンドした時はインパクトのあるバンカーでしたが、改造後の上の写真と見比べると天と地の差ぐらいあります。

改造前
改造前
改造前

元々、起伏を活かした素晴らしいコースでしたが、原点回帰を目指しながら、時代に合わせて進化し、スケール感が増したコースに変貌していました。

さすがアジアNo.1コースです。2年後のゴルフマガジンのランキングが楽しみです。 


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください