かつては皇帝バオダイのプライベートコースだったベトナム最古のコース

[Dalat Palace Golf Club/ダラットパレスゴルフクラブ]

Dalat Palace Golf Club/ダラットパレスゴルフクラブ

ベトナムの軽井沢といわれている標高1500mのダラットにあるベトナム最古のコース。
1922年にベトナム最後の皇帝バオ・ダイのプライベートコース として、6ホールで開場しました。

そして1930年代には、バオ・ダイがあのH・コルトとC・H・アリソンに設計を依頼したという話も。コルトとアリソンの設計事務所の設計したコースリストの当時の資料にも、Ville de Dalat in Indo Chinaと記載されているそうです。(ベトナム・ラオス・カンボジアは当時はフランス領でインドシナと呼ばれていました。)

バオダイが香港に去った1945年にコースは一旦閉鎖。その後、1954年にコースは8ホールで復活しますが、再び1975年に閉鎖されます。

その後、1994年にIMG社のBrett Stensen/ブレット・ステンセンが18ホールに拡張して、現在に至ります。ベトナムでは珍しくグリーンはベントグリーンでした。高原なのでメンテナンスしやすいのでしょうね。

ティーはブラック、ブルー、ホワイト、レッドとあり、ブルーからティーオフ。

1番ホール 170ヤード パー3

スタートホールがパー3なのは珍しいですね。10番ホールがパー3だったことは過去に2コースほど経験がありますが、1番ホールは初めてかもしれません。この日は一人でラウンドだったために、スムーズにラウンドできるように8番ホールからスタートでした。

2番ホール 361ヤード パー4

打ち上げでやや左ドッグレッグのパー4

3番ホール 374ヤード パー

打ち下ろしのパー4。狙い目は左。

4番ホール 386ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

セカンドは打ち上げ

5番ホール 221ヤード パー3

距離のある池越えのパー3。

6番ホール 501ヤード パー5

左サイドに池が続くパー5

7番ホール 373ヤード パー4

池越えのパー4

セカンドは打ち上げ

8番ホール 407ヤード パー4

距離のある打ち下ろしのパー4。この日はスムーズにラウンドするために8番ホールからのスタートでした。

9番ホール 149ヤード パー3

10番ホール 372ヤード パー4

打ち下ろしでセカンドが池越えのパー4

グリーンから振り返った風景

11番ホール 479ヤード パー5

距離の短いパー4

セカンドは打ち下ろし

グリーンから振り返った風景

12番ホール 158ヤード パー3

13番ホール 404ヤード パー4

打ち下ろしで距離のあるセカンドが池越えのパー4

グリーンから振り返った風景

14番ホール 540ヤード パー5

距離のある緩やかな打ち上げのパー5

15番ホール 367ヤード パー4

ティーショットは池越えのパー4

セカンドは打ち上げ

16番ホール 399ヤード パー4

打ち下ろしでセカンドが池越えのパー4

グリーンから振り返った風景

17番ホール 383ヤード パー4

打ち下ろしでセカンドが池越えのパー4

グリーンから振り返った風景

18番ホール 513ヤード パー5

打ち上げのパー5

バックナインはセカンドが池越えという似たレイアウトが複数ホールあり、やや単調に感じましたが、予想を超える素敵なコースでした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください