ヌチシヌジガマ(命をしのいだ洞窟)と呼ばれていた洞窟が観光スポットに

[CAVE OKINAWA]

午前中に具志川ゴルフクラブをラウンドした後は、昼からのラウンドのベルビーチに向かって移動。途中ランチを食べる予定でしたが早すぎたのでどうしようかなと思っていたら道の途中にCAVE OKINAWAという看板があったので立ち寄ってみました。

駐車場に停めて500円を支払って洞窟の入り口に。

以前は、ヌチシヌジガマ(命をしのいだ洞窟)と呼ばれていた場所のようです。古くは今帰仁城の王子が内乱の時に洞窟に逃げ込んで生き残ったという言い伝えがあったり、第二次世界大戦の時の沖縄戦の時に地元の住民100人がこの洞窟に逃れて命が助かったり、二度も逃げ込んだ人の命を守った洞窟です。

縁起の良い紅白岩がありました。左が赤く、右側が白い鍾乳石です。

こちらは黄金岩

ライトアップもカラフルでベトナムの鍾乳洞っぽい演出。

出口を見上げるとハートの形に。屋久島のウィルソン株を思い出しました。出口には、ぬししぬじガマとかつての名前の道しるべが残っていました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください