ダンロップフェニックス開催の松に囲まれたシーサイドコース

[フェニックスカントリークラブ ]

宮崎県のフェニックスカントリークラブをラウンドしてきました。

開場は1971年。設計は大橋剛吉。

ダンロップフェニックストーナメント開催のコースとして有名です。

日向灘に面するシーサイドコースですが天然の松林でセパレートされているフラットな地形で松林が海沿いにも生えているので海は見ることができません。

フェニックスカントリーは住吉、高千穂、日南と各9ホールの合計27ホールあります。
ダンロップフェニックスの試合では高千穂をアウトコース、住吉をインコースとして使用しています。

通常は
住吉=>高千穂
高千穂=>日南
日南=>住吉
の組み合わせでラウンドするのでトーナメントコースをラウンドしたい場合は住吉スタートを希望しておく必要があります。

この日はもちろん住吉コースからスタートして高千穂の組み合わせでラウンドしてきました。レギュラーティーで。
林に囲まれている林間コースっぽい造りですが海の横なので風が強かったです。

 

日南コースの写真はこちらの記事をご覧ください。「2度目のフェニックス

 

住吉1番ホール 468ヤード パー5
左ドッグレッグのパー5。ティーショットの狙い目はフェアウェイ右側。

 

1img20090531.jpg

住吉2番ホール 145ヤード パー3
池越えのパー3

 

1img20090531_1.jpg

住吉3番ホール 417ヤード パー4
右OBの真っ直ぐなパー4

 

1img20090531_2.jpg

住吉4番ホール 309ヤード パー4
左に90度ドッグレッグしているパー4

 

1img20090531_3.jpg

住吉5番ホール 384ヤード パー4
真っ直ぐで右がOBのパー4。全体的に左に傾斜しているので狙うならフェアウェイセンターより右。

 

1img20090531_4.jpg

住吉6番ホール 411ヤード パー4
真っ直ぐなパー4。

 

2img20090531.jpg

住吉7番ホール 383ヤード パー4
右ドッグレッグのパー4。ティーショットの狙い目は右の木の先にあるバンカー越え。

 

2img20090531_1.jpg

2img20090531_2.jpg

住吉8番ホール 161ヤード パー3
池越えのパー3

 

2img20090531_3.jpg

住吉9番ホール 514ヤード パー5
右ドッグレッグしているパー5
2img20090531_4.jpg途中でキャディさんがタイガーウッズはドライバーでここまで飛ばしましたと説明してくれました。
見てみると338ヤード。

タイカントリーでも同じようなホールがありました。
タイカントリーの記事はこちら
タイカントリーは400ヤードのパー4を1オンしたということなので、インパクトはタイカントリーのほうがありますが、338ヤード飛ばすのもすごい!

 

 

昼からは高千穂コースをラウンドします。
ダンロップフェニックスではOUTコースとして使用されています。

 

高千穂1番ホール 412ヤード パー4
真っ直ぐなパー4
ティーショットの狙い目はフェアウェイ右。

3img20090531.jpg

高千穂2番ホール 393ヤード パー4
ティーショットの狙い目はフェアウェイ右。

3img20090531_1.jpg

高千穂3番ホール 165ヤード パー3
右側がひらけているパー3

 

3img20090531_2.jpg

高千穂4番ホール 512ヤード パー5
真っ直ぐなパー5

3img20090531_3.jpg

高千穂5番ホール 384ヤード パー4
フェアウェイ真中を横切るように配置されているバンカーに特徴のあるパー4

3img20090531_4.jpgティーショットの狙い目は右側(右のほうがバンカーまで距離があります)
 

高千穂6番ホール 184ヤード パー3
池越えの距離のあるパー3

4img20090531.jpg右手前のガードバンカーは難易度が高いバンカーです。

 

高千穂7番ホール 484ヤード パー5
真っ直ぐなパー5

4img20090531_1.jpg

高千穂8番ホール 373ヤード パー4
右ドッグレッグのパー4。ティーショットの狙い目は右サイドに生えている松の木狙い。

4img20090531_2.jpg

高千穂9番ホール 404ヤード パー4
真っ直ぐなパー4

4img20090531_3.jpgフェニックスカントリーの感想はメンテナンスは素晴らしかったのですがコースレイアウトがやや単調に感じました。
アップダウンもないので、曲がらなければそこそこよいスコアがでるコースという印象です。

ラウンド後にクラブハウス内の歴代チャンピオンのゴルフクラブやキャディバッグなどを展示してるコーナーを見学。

4img20090531_4.jpg隣のトム・ワトソンゴルフコースが薄暮プレイ実施してると聞きつけて、フェニックスをラウンド終了後、ラウンドすることに。

14時半以降のスタート受付で日没までラウンドで6000円ほどでラウンドできます。


Comments

comments

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. [フェニックスカントリークラブ] 2度目のフェニックス | ゴルフバカの気まぐれブログ
  2. 宮崎、鹿児島名物料理とゴルフの旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください