東海道五十三次の吉田宿の名物料理「菜飯田楽」

[鈴の屋 豊橋店 ]

豊橋カレーうどんを食べた後、新幹線もまだ動きそうにないのと、普段訪れることのない豊橋にせっかく来ているので、もう1つの名物料理の「菜飯田楽」を食べることに。

菜飯田楽はその名の通り、菜飯と田楽をセットにしたもので、菜飯は、大根の葉を細かく刻んでご飯に混ぜたご飯。田楽は豆腐に赤味噌を塗って炙ったもの。

江戸時代、東海道五十三次の吉田宿の名物料理だったらしい。吉田宿は今の豊橋市の中心部にあり、その当時から営業を続けているお店が「きく宗」というお店。

せっかくなのでこの老舗に行こうと思ったのですが水曜日が定休日で、この日が水曜日。

残念。

そこでもう一軒、気になるお店が「いちょう」というお店。

こちらは創業昭和59年と後発のお店ですが菜飯や田楽の素材にこだわっているようです。

お店も本店以外に豊橋駅前の地下に支店を出しています。

本日は営業してる日ということなのでこちらに行くことに。

しかし。。。

やはり台風ということで臨時休業。うーん。

諦めて、できるだけ東に移動するか?と思って駅に移動するとたまたま駅ビルの中に菜飯田楽のお店を発見!!

0IMG_0962.JPG

「鈴の屋」というお店です。(※閉店しました)

もちろん、入店。

菜めし田楽定食を注文。980円。

SN3O0364.jpg

菜飯と赤だしはお代わり自由。

菜飯は大根の葉で香りがよく食が進みます。

これに田楽を乗せて食べると、赤味噌と大根の葉の風味が合い、菜飯がどんどんなくなります。

シンプルな食べ物ですが、結構いいかも。

ダイエット中なのですが、お代わりしてしまいました(笑)

そして食べ終わった後、東京に向かおうと思うのですが、台風の被害が大きすぎて豊橋から東には在来線も新幹線も停止していて運転の再開の見込みが立たず。

完全に足止めを食らってしまいました。

鈴の屋 豊橋店(閉店しました)

豊橋ステーションビル カルミア1階

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 朝食は菜飯を | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください