水の魔術師が新潟に設計したコース

[中峰ゴルフ倶楽部 ]

息子と二人で新潟・山形とゴルフ旅。2ラウンド目は新潟県の中峰ゴルフ倶楽部。

設計は水の魔術師と呼ばれている小林光昭氏設計で開場は1993年。

初日の山形の蔵王カントリークラブでのラウンドでは、息子は昨年末以来のラウンドでしかも土砂降りの中でのラウンドということもあり、全くゴルフにならず。心配していた二日目でしたがこの日はなんとかゴルフになり、楽しんでくれたので一安心。

ティーはレギュラーティーからティーオフ。

 

1番ホール 320ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

 

2番ホール 143ヤード パー3

グリーン手前に巨大なバンカーがあるパー3

グリーンは縦長でした。

 

3番ホール 531ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

左にはウォーターハザードが続きます。

セカンドショットからはやや打ち上げ

 

4番ホール 420ヤード パー4

フラットで真っ直ぐなパー4

 

5番ホール 513ヤード パー5

真っ直ぐなパー5

 

6番ホール 339ヤード パー4

ティーショットが池越え。グリーンも池越えのパー4

小林光昭氏らしいレイアウトです。

 

7番ホール 330ヤード パー4

左にドッグレッグしているパー4

左にはウォーターハザードがあるのでティーショットの狙い目は右が安全。

 

8番ホール 177ヤード パー3

打ち上げになるパー3

 

9番ホール 397ヤード パー4

距離のあるパー4

 

10番ホール 401ヤード パー4

フラットで真っ直ぐなパー4

 

11番ホール 173ヤード パー3

グリーン右手前に深いバンカーがあるパー3

 

12番ホール 526ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

 

13番ホール 368ヤード パー4

右に長いバンカーが続くパー4

 

14番ホール 337ヤード パー4

フェアウェイ右にあるバンカーの中に佐渡ヶ島が浮いたデザインになっているパー4

バンカーの中に浮かぶ佐渡ヶ島。

 

14bSN3O1004.jpg

 

 

15番ホール 390ヤード パー4

フェアウェイにつのバンカーが横切っているパー4

 

16番ホール 489ヤード パー5

距離の短いパー5

2打目以降はやや打ち上げに。

 

17番ホール 155ヤード パー3

池越えのパー3

 

18番ホール 401ヤード パー4

距離があり2打目が池越えになるパー4

数は少ないですが効果的にウォーターハザードが 配置された小林光昭氏らしいコースでした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください