山陰の名門でチャレンジツアーのプロアマに参加

[大山ゴルフクラブ ]

山陰二日目は鳥取県の名門コース、大山ゴルフクラブ。

鳥取の名門というよりは山陰の名門コースと呼んだほうがよいかもしれません。

設計は上田治氏。開場は1970年4月18日。

大山を望むことができるロケーションで素晴らしいコースでした。

この日は、JGTOチャレンジトーナメントのプロアマが開催されていて友人に誘われての参加。

ティーはレギュラティーからティーオフ。2グリーンでこの日はメイングリーンを使用。

 

1番ホール 349ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

メイングリーンは左。

 

2番ホール 395ヤード パー4

距離のある真っ直ぐなパー4

メイングリーンは左。

 

3番ホール 525ヤード パー5

グリーン手前に池があるパー5

メイングリーンは右。

 

4番ホール 188ヤード パー3

谷越えのパー3

メイングリーンは右。

 

5番ホール 348ヤード パー4

左前方に大山がそびえるパー4

セカンドショットはやや打ち上げ。正面には大山が見えます。

 

05bSN3O0124.jpg

 

6番ホール 568ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

230ヤード地点に幅80ヤードの谷が横切っています。

メイングリーンは右グリーン。

 

7番ホール 432ヤード パー4

距離のある真っ直ぐなパー4

グリーンまで緩やかな打ち上げが続きます。

メイングリーンは左。

 

8番ホール 362ヤード パー4

谷越えのパー4

メイングリーンは右。

 

9番ホール 189ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

 

10番ホール 394ヤード パー4

軽い打ち上げのパー4

メイングリーンは左。

 

11番ホール 178ヤード パー3

谷越えで打ち下ろしのパー3

メイングリーンは左。

 

12番ホール 412ヤード パー4

谷越えのパー4

メイングリーンは右。

 

13番ホール 379ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

セカンドは打ち上げ。メイングリーンは左グリーン。

 

14番ホール 557ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

ティーショットは打ち下ろし。

メイングリーンは左。

 

15番ホール 353ヤード パー4

右前方に大山が見える軽い打ち上げのパー4

 

16番ホール 150ヤード パー3

谷越えのパー3

メイングリーンは左。

 

17番ホール 443ヤード パー4

距離の長い軽い打ち下ろしのパー4

メイングリーンは右。

 

18番ホール 511ヤード パー5

軽い打ち上げが続くパー5

メイングリーンは左。

上田治氏の傑作コースの1つだと思います。 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. [南秋田カントリークラブ ] 秋田でチャレンジツアーのプロアマに参加 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください