鳥取東部で「ホルそば」で親しまれているホルモン焼きそば

[ホルモンソバ御縁]

19時前に行きたいバーを訪れると、「すいません。今日は19時過ぎにオープンなんです。。」と。

再び、19時半に訪れるも、「すいません、今日はまだ酒屋が来てなくて20時過ぎには。。」ということで、タクシーの運転手さんに教えてもらった締めのホルモンソバを先にいただきます。

鳥取県東部では、牛ホルモン入りの焼きそばを「ホルソバ」と呼び、昭和30年代頃から市内の焼き肉屋やホルモン屋でホルモンと味噌だれに中華そばを入れて焼いて食べられています。

玉子トッピングや辛さも選べるようです。

辛いの結構好きです。
旨辛でお任せしますとオーダー。

ホルモンソバ

ビールが進みます。

結構辛いです。何辛ですか?と聞くと二辛なのだとか。

この後、何軒か鳥取で食べ歩きをしました。しゃぶしゃぶ、ラーメン、餃子など。先の魚料理二軒を含めて今回の鳥取で食べた食べ物の中で一番おいしかったです。

あまりに美味しかったので、このあとのバー、しゃぶしゃぶ、バー、ラーメン、餃子と食べ歩いた最後に、締めにもう一度やってきて「ヤキメシ」を食べてみました。鳥取ではチャーハンではなく焼き飯と呼ぶので関西と同じですね。しかし、この焼き飯は微妙でした。この店はホルモン焼きをビールでツマミながら、締めにホルソバの2辛ですね。おススメです。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください