カジュアルにファインダイニングを楽しめるお店

[Commonwealth(コモンウェルス)]

サンフランシスコでの夕食は2011年のジェームス・ビアード賞でベストニューレストランにノミネートされたこちらで。

0IMG1454779_565696500171886_192902744_n

コモンウェルス。

サンフランシスコで人気のレストラン「バー・タルティーン」のエグゼクティブシェフだったジェイソン・フォックスが2010年に独立したお店。

ファインダイニングに出てくるような繊細な料理をカジュアルに楽しめるお店として大人気になっているようです。

それぞれのプレートに合わせたワインを出してくれるテイスティングメニューで予約。

本当に素晴らしいレストランでした。この日のラインナップはこんな感じでした。

1IMG1491672_565772863497583_1179280324_n

サービスで出てくる自家製の海苔チップスをつまみながら一皿目を待ちます。

2IMG_6480

まずはアミューズでフレッシュチーズと棒鱈をシャンパンで。

 

3IMG_6482

続いて、牡蠣を梨、西洋わさび、スイバ、ライムで和えたものをミュスカデで。

3IMG_6483

ムロン・ド・ブルゴーニュの爽やかなメロン香にあう一皿でした。

 

4IMG1463026_565772943497575_2032116370_n

そして、スープ。

アワビと松茸のスープ。貝の出汁のスープにミョウガや海ぶどうも入っています。

スロベニア産のフリウラーノで。

4IMGa1454767_565772990164237_1247185536_n

松茸の香りが素晴らしいスープでした。

 

5IMG_6487

サラダはローストした人参に海藻、アボカド、キヌアなどを添えて。

ワインはドイツ・モーゼル地方のピノ・ノワールで。

 

6IMG_6490

メインはグリルした鹿肉にカボチャ、ハックルベリーのソース、ケールを添えて。

ワインはイタリアのネッビオーロで。

6IMGa1479149_565773080164228_1111278080_n

ネッビオーロ独特の渋みと濃くのあるワインに仕上がっていて鹿肉にあいました。

 

7IMG1452536_565773090164227_832958239_n

口直しは若葡萄のジュースの中に入ったセロリのシャーベット。葡萄とセロリの風味が素晴らしかったです。

 

8IMG_6495

デザートとはチョコレートがナッシュとアイスクリームにビールのメレンゲを添えて。

イタリアのブラケットのスプマンテで。

どれも料理とワインのマリアージュが素晴らしく満足な夜になりました。

————————————-

コモンウェルス(Commonwealth)

2224 Mission Street (at 18th) San Francisco
415-355-1500
営業時間:17:30~22:00(日~木)、金、土は23:00まで

http://www.commonwealthsf.com/


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください