激ウマな小さなバインセオのバインセオ・トムニャイ

[Gia Vy 2/ジアヴィ2]

夕食はクィニョンの町に出て食べることに。

バインセオ・トムニャイ(Bánh xèo tôm nhảy)という小さなバインセオを食べにGia Vy 2/ジアヴィ2というお店に。

バインセオ・トムニャイはベトナム中部で食べられているバインセオ。他にも中部の名物メニューがメニューに並んでいます。左下のNEM CHUA/ネムチュアはハノイでも食べられていますが製法が違うらしい。TRE/チェーというのは豚肉を発酵させた食べ物でCHA RAM TOM DAT/チャーザムトムダットは海老の小さな揚げ春巻き

バインセオトムニャイは海老のバインセオトムと牛肉のバインセオボーをオーダー。そして豚肉を発酵させたチェーも頼んでみました。

こちらがバインセオトムニャイ。これが劇的に美味しかった。

通常のバインセオは生地がパリッとしつつもしっとりしている部分もありますがトムニャイはパリパリ。

食べ方はバインセオを四分の一ぐらいにちぎってライスペーパーに野菜と一緒に包みます。

牛肉は甘めの味付けで日本人好みの味。

海老はパリッとしていて香ばしく口いっぱいに海老の香りが広がります。

そしてこちらがチェー。豚の耳を発酵させた食べ物。沖縄のミミガーと同じ部位ですね。塩コショウが効いていて、ライムをかけていただきます。ビールにぴったりなおつまみでした。

チェーはこのような感じで藁に包まれて販売されています。藁の中にはビニール袋でチェーが包まれていますが、昔は納豆のように直接藁で包まれていたのかもしれません。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください