ホーチミン5区のローカルに大人気で日本人客ゼロのベトナム風日本食のお店

[Osaka /大阪]

ベトナム人の友人におすすめのジャパニーズレストランがあると連れてきてもらいました。チャイナタウンの5区にあります。

OSAKA/オーサカ

店内は1Fと2Fがあり、2Fは靴を脱いで階段を上がり、座敷にテーブル。

2Fに上がりましたが満席。1Fも満席でしたが、少し待つと席が空きました。私以外は日本人ゼロ。日本人が来ることは稀らしい。

メニューの縦書きのトンコツラーメンの長音符「ー」が横書きのフォントのままなのが、よいですね(笑)

ウドントンカツという日本にはないメニューもワクワクします。

レタントンの日本人街にある日本食のレストランのようなホーム感はなく、アウェイ感満載がワクワクします。

ベトナム人の友人は焼きそばのような物をオーダー。少し分けてもらいましたが、すでにチリソースを混ぜていたのでオリジナルの味がどんなのかはわからず。ベトナム人はほんと、チリソースが好きですね。写真はチリソースを混ぜる前。

左がトンカツ単品。右が鳥ミンチカツ。左のトンカツはクリスピーに揚げてと友人がオーダー。サクサクしていて美味しかったです。

私はカツドンをオーダー。紫キャベツが斬新です。感動するほど美味しいというわけではありませんが、安定した美味しさ。何より約260円という安さに感動。

ベトナムの豚肉は骨が少しついたまま販売されています。豚カツも骨に注意しながら食べる必要があるのも新鮮な感覚。

ベトナム人がベトナム人のためにアレンジしたベトナム風日本料理。

純粋な日本料理では有りませんが、私は気に入りました。また訪れて違うメニューを楽しみたいと思います。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください