沖縄の高級パイナップルのゴールドバレルでカクテルを

[道の駅 豊崎]

本日現在、唯一の緊急事態宣言中の沖縄。

新型コロナの感染者数も減ってきたので、来週からようやく解除されるかなと思っていたら延長されるみたいです。

飲食業、観光業の方、ほんと大変だと思います。

そして外で飲める日も、もう少し先になりそうです。

という事で、久しぶりの家カクテルの投稿。

マイタイを飲んでます。

このマイタイはかなりスペシャルなマイタイです。
材料のパイナップルジュースに本日入手したパイナップルを使用。

糸満方面に午前中に出かけた帰り道。
道の駅豊崎で見つけたゴールドバレルというパイナップル。

ちなみに道の駅豊崎は日本最西端の道の駅らしい。

他のパイナップルも販売していましたが同じサイズだとゴールドバレルは値段が3~4倍ぐらいしていました。

それでも本土でゴールドバレルを買うより半額以下です。

気になったので買って帰って調べてみました。

実の色が黄金色(ゴールド)、形が円筒形で樽(バレル)に似ていることからその名が付けられたみたいで、収穫まで3年を要し、国内生産量1%の貴重な高級パインだと知りました。6月下旬から7月にかけて収穫されるのだとか。

食べてみると本当に甘い。
そして酸味もよいバランス。芯ごと食べられました。

ハワイ島で食べた幻のホワイトパイナップルも芯ごと食べられましたが、それよりジューシーでした。

そのゴールドバレルを絞ってマイタイに。

ラムは南大東島のコルコルのアグリコールラムで。
フロートする沖縄県産のダークラムがなかったのでオアフ島のコハナラムで。
オレンジジュースは沖縄のバヤリースで。本土のバヤリースとは味が違います。どっちも薄いオレンジジュースですが(笑)

テキーラとパイナップルとライムジュースでマタドールも最高でした。

早く元の生活に戻って欲しいですね。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください