壱岐にある9ホールコース

[壱岐カントリー倶楽部]

日本の島ゴルフ最後の24島めは壱岐で

壱岐カントリー倶楽部

昭和60年開場。

離島のゴルフコースの中では結構、広々としたコースでした。

パー5、パー4、パー3とそれぞれ3ホールずつあります。

バックティーからラウンド

1番ホール 486ヤード パー5

距離の短い打ち上げのパー5

グリーンからコースを振り返った風景

2番ホール 180ヤード パー3

距離のあるパー3

3番ホール 495ヤード パー5

距離の短い打ち下ろしのパー5

距離は短いのですがグリーン手前に池、そして右にはクリークが続き、グリーンも砲台なので2オンは難度が高いです。

4番ホール 493ヤード パー5

距離の短いセカンド以降が打ち上げのパー5。ティーショットは池越え。

5番ホール 311ヤード パー4

距離の短いパー4

6番ホール 278ヤード パー4

距離の短いドライバブルパー4。セカンドは打ち上げ。

グリーン奥から振り返った風景

7番ホール 89ヤード パー3

距離の短い池越えで打ち下ろしのパー3

グリーンは横長の浮島グリーン。

8番ホール 299ヤード パー4

距離の短い、池越えで打ち下ろしの左ドッグレッグのパー4

レギュラーティー(274ヤード)からの風景

ティーショットは170~180ヤードぐらいで、セカンドはクリーク越え

9番ティーはダム池にかかる浮き橋を渡って向かいます。私がラウンドした時はダム池の水が干上がっていました。

9番ホール 141ヤード パー3

ダム池越えのパー3。勝本ダムというダム池です。

こちらはレギュラーティ(115ヤード)からの風景

グリーン奥から振り返った風景

日本の島ゴルフ全24島でゴルフを終えたので、達成感のあるラウンドでした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください