はらほげ地蔵と左京鼻

雲丹の香りが口いっぱいに広がる、はらほげ食堂のうにめしを食べた後はすぐ誓うにある「はらほげ地蔵」に。

胸の所に穴が開いているので「はらほげ地蔵」と呼ばれています。

満潮になると頭まで隠れてしまうのだとか。そのためにお供え物が流れないように、胸に穴をあけてそこにお供え物を供えたようです。

続いて、近くに左京鼻に。

海中から突き出る岩は観音柱と呼ばれています。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

2 Comments

  1. お地蔵さんたち、海の方向いているんでしょうか?陸地の方向いているんでしょうか?
    はらをほげっちゃうのは思い切ってますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください