東洋人初の世界シニアアマが設計したコース

[オリムピックゴルフ倶楽部 ]

兵庫県のオリムピックゴルフ倶楽部をラウンドしてきました。

1989年(平成元年)開場。

設計は大川清。

大川氏は28歳でゴルフを始めて、1968年(42歳)には茨木CC西コースで開催された日本アマにあの中部銀次郎に1打差で勝利して優勝。

その後、世界アマチュア選手権に何度も出場し、世界中の名コースをラウンドする中、自分の理想のゴルフ場を造りたいと考えるようになったようです。

そして1981年、53歳の時、アメリカのコロラド州Broadmoor Golf Clubで開催された世界シニアアマチュア選手権で優勝し、東洋人初の世界シニアアマになった人物。

そんなオリムピックゴルフ倶楽部をバックティーからラウンド。

前日まで関西オープンが開催されていて同じセッティングでのラウンドでした。

 

1番ホール 376ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

右バンカーの先の右側には池が配置されています。

 

2番ホール 374ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

 

3番ホール 586ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

右のフェアウェイバンカーの先の右には池が配置されています。

 

4番ホール 147ヤード パー3

打ち下しで奥が池のパー3

バンカーの手前にも池がせり出しています。

ティーが二か所あり、今日は右側のティーからでした。

 

5番ホール 384ヤード パー4

ほぼ直角に左ドッグレッグしているパー4

 

6番ホール 196ヤード パー3

谷越えのパー3

 

7番ホール 551ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

セカンドショットの落下地点の右には池が配置されています。

 

8番ホール 402ヤード パー4

打ち下しでストレートなパー4

 

9番ホール 368ヤード パー4

ストレートなパー4

正面には塔が見えます。

 

10番ホール 416ヤード パー4

ややピンに向かってダウンヒルになっているパー4

 

11番ホール 403ヤード パー4

谷越えのパー4。このホールだけ2グリーン。

左に見えるグリーンはBグリーン。Aグリーンは更に先でセカンドも谷越え。

ティーショットの飛距離次第ではAグリーンの場合、谷の手間にレイアップが必要です。

 

12番ホール 348ヤード パー4

緩やかな打ち上げでやや左ドッグレッグのパー4

 

13番ホール 180ヤード パー3

六甲山の望むパー3

 

14番ホール 522ヤード パー5

打ち下しの2オン可能なパー5

 

15番ホール 160ヤード パー3

池越えで打ち上げのパー3

 

16番ホール 443ヤード パー4

緩やかな打ち上げで距離のあるパー4

 

17番ホール 536ヤード パー5

ティーショットが池越えのパー5

 

18番ホール 441ヤード パー4

セカンド地点の左に池が広がる距離のあるパー4

18bSN3O0065.jpg


 


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください