太平洋の黒潮を望むことができるコース

[Kochi黒潮カントリークラブ ]

高知県のKochi黒潮カントリークラブを息子と二人でラウンドしてきました。

2004年には日本プロゴルフ選手権が開催され、2005年からはカシオワールドオープンゴルフトーナメントの会場になっています。

黒潮コース(18ホール)、暖流(9ホール)、太平洋(9ホール)と36ホールあり、カシオワールドの試合ではフロント9が黒潮1~5番、15~18番、バック9が太平洋が使用されています。

黒潮コースは最初は9ホールで開場して、平成5年に9ホール追加されたためか、ややトリッキーなコースになっているようです。

設計は竹中土木と四国開発。開場は平成2年11月3日。

今回は暖流、太平洋とラウンドしてきました。

ティーはレギュラーティーからティーオフ。

 

暖流1番ホール 385ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

 

暖流2番ホール 190ヤード パー3

距離のあるパー3

 

暖流3番ホール 510ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

セカンドショットにはフェアウェイ真ん中に木が配置されています。

 

暖流4番ホール 420ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

 

暖流5番ホール 405ヤード パー4

ストレートなパー4

グリーンの周りにはバンカーがぐるりと配置されています。

 

暖流6番ホール 165ヤード パー3

やや打ち上げのパー3

 

暖流7番ホール 370ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

グリーン左手前には池が配置されています。

 

暖流8番ホール 370ヤード パー4

打ち上げで右ドッグレッグのパー4

セカンドも打ち上げが続きます。

 

暖流9番ホール 530ヤード パー5

打ちおろしでやや右ドッグレッグのパー5

 

太平洋1番ホール 530ヤード パー5

太平洋に向かって進むストレートなパー5

t01aIMG_7414.jpg

 

太平洋2番ホール 185ヤード パー3

谷越えで海に向かってティーショットするパー3

 

太平洋3番ホール 415ヤード パー4

海に向かって進む谷越えでストレートなパー4

3番ホールを終えて4番のティーグラウンドからの風景

 

太平洋4番ホール 360ヤード パー4

打ち下ろしで谷越えのパー4

セカンドも打ちおろしが続きます。

 

太平洋5番ホール 160ヤード パー3

ビーチバンカーが美しい池越えのパー3

 

太平洋6番ホール 370ヤード パー4

ストレートで打ち上げのパー4

 

太平洋7番ホール 405ヤード パー4

打ち下ろしでセカンドが池越えのパー4

太平洋コースは海に向かって進むホールが多くて気持ちがいいです。

セカンドは池越え。

 

太平洋8番ホール 385ヤード パー4

打ち上げのパー4

打ち上げが続くので表示距離以上に距離があります。

グリーンからコースを振り返った風景

 

太平洋9番ホール 490ヤード パー5

ストレートで打ち上げが続くパー5

 

暖流コースは太平洋を横に見ながら、太平洋コースは太平洋に向かって進んだり戻ったりというレイアウトなので、海が視界に入る機会が多く、気持ちのいいコースでした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください