日本のナポリタンの原形になったスパゲッティ・ナポリテーヌ

[Auberge Saint Pierre(オーベルジュ・サンピエール)]

モンサンミッシェルに上陸して少し散策した後、休憩するためにレストランに。

時間は21時過ぎ。ほとんどのお店がラストオーダー後でしたが、こちらのレストランは入ることができました。

IMG_7420

Auberge Saint Pierre(オーベルジュ・サンピエール)

1IMG_6964

同名のモンサンミッシェル内にあるホテルのレストランです。

IMG_6967

メニューを見ているとSpaghettis Napolitaine(スパゲッティ・ナポリテーヌ)という日本のナポリタンのようなメニューがあるのでオーダー。

IMG_6962

ドリンクはペルフォースというフレンチビールで。1914年に立ち上げられた醸造所で造られているビールがルーツ。第二次世界大戦で生産が停止さましたが、戦後に生産が再開し、現在はハイネケンの傘下に入っています。

IMG_6968

モルトの風味が強いビールでした。

そしてシードルも。陶器のシードルカップで飲むのが現地の伝統的なスタイルです。

IMG_6969

 

そしてこちらがスパゲッティ・ナポリテーヌ

IMG_6971

酸味のあるトマトソースのパスタでした。

イタリアのナポリでは17~18世紀にトマトソースでスパゲッティを食べるのが流行し、それがフランスに伝わりスパゲッティ・ナポリテーヌと呼ばれるようになったようです。

IMG_6973

日本のナポリタンの発祥は戦後、横浜のホテルニューグランドの当時の料理長の入江茂忠が考案したと言われています。

入江の師匠のニューグランドの初代の料理長が日本に本格的なフレンチを伝えたサリー・ワイルであることから、入江はこのスパゲッティ・ナポリテーヌをイメージしてアレンジしたと言われています。

デザートはノルマンディアップルタルトをいただきました。

IMG_6970

 

Auberge Saint Pierre(オーベルジュ・サンピエール)

http://www.auberge-saint-pierre.fr/fr/restaurant.php

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. ゴルフ・グルメ・芸術のフランス旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ
  2. [ホテルニューグランド] ナポリタン発祥のお店 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください