二十四の瞳の岬の分教場

[岬の分教場]

続いて、二十四の瞳の岬の分教場に。

img_5538

二十四の瞳の物語の中では、大石先生や子どもたちが何度か海沿いの道を歩いたり、船で向こう岸に渡ったりしていましたが、実際に分教場にきてなるほど、こういう地理関係だったんだともう一度、小説を読み直したくなりました。

(※小説内では小豆島が舞台だとは一言も書かれておらず「瀬戸内海べりの一寒村」とだけ記載されています。)

img_5539

この分教場から更に車で数分進むと二十四の瞳の映画村がありました。時間があれば楽しみたかったのですが時間も限られてるので今回は諦めました。

img_5540

img_5541

img_5543

この後は寒霞渓にロープウェイで登ってみようと思います。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください