南大東島に広がる神秘的な鍾乳洞

[星野洞]

南大東島はサンゴ礁が隆起してできた島。

島には100を超える鍾乳洞があると言われていますがその中でも一番大きな鍾乳洞がこちら。

00dsc05954

星野洞

この周辺一帯の土地が星野さんの土地だったのでそのように名づけられました。見学するには事前に村役場に連絡をして職員の方に来ていただく必要があります。

見学していた時間は40分ほどですが、その間、私一人で他の観光客はゼロ。その間もずっと事務所で待機してくれていました。この鍾乳洞、とにかく神秘的で素敵な鍾乳洞でした。

言葉で説明するよりは写真をみていただくとわかると思います。

まずはこの入口のカギを職員の方に開けていただきます。扉の先からは一人。

01dsc05953

まずは深いスロープを下りて行きます。

02img_6657

ここから鍾乳洞

03img_6658

鍾乳石には天井から下に向けて成長する「つらら石」と床から上に向けて成長する「石筍」の2つのタイプにわかれます。

04img_6661

つらら石は1cm成長するのに100年以上必要で、石筍はその3倍かかるとも。

05img_6662

06img_6663

07img_6669

08img_6675

長い地殻変動で岩盤が斜めになり、鍾乳石も斜めに。ここから長い年月をかけて鍾乳石はくの字型に伸びていくことでしょう。

09img_6679

つらら石と石筍が合体したものを石柱と呼びます。

10img_6681

11img_6682

12img_6683

13img_6687

細長い鍾乳石をソーダストローと呼びます。

14img_6688

15img_6689

重力に関係なく色々な方向に伸びた鍾乳石を「ヘリクタイト」と呼びます。毛管現象によるようです。

img_6747

16img_6690

つらら石と石筍がもう少ししたらくっつきそうです。たぶん1000年後先ですが。。

17img_6691

18img_6692

19img_6693

20img_6697

21img_6699

22img_6700

この鍾乳石はカーテンのようにひらひらしているように見えるのでその名の通り「カーテン」と呼ばれています。

23img_6702

24img_6705

26img_6709

27img_6710

28img_6712

29img_6714

30img_6718

更に下に降りて行きます。

31img_6719

鍾乳洞に入る前にガイド用のタブレット端末を貸していただき、数字のついたポイントに来たらその番号を押すとタブレットから説明が流れるのですが、そのタブレットからのガイドが「右の奥の洞窟を見てください」と。

右を見ると洞窟の奥にお酒が置いてあるのが見えます。

32img_6726

これは南大東島には高校がなく、島の子どもたちは中学校を卒業したら高校進学のために親元を離れなくてはいけません。

その時に親とこの洞窟まで出向き、一緒にお酒を納めるようです。そして成人式の時にここからお酒を取りだして親と一緒に酒を飲むという習慣があるとのこと。

33img_6728

素敵な習慣ですね。

34img_6730

35img_6732

36img_6733

このあたりが最深部

37dsc05920

そろそろ戻りたいと思います。

38dsc05923

39dsc05924

反対側から見るとまた違う場所にもお酒が。

40img_6744

41img_6745

dsc05926

dsc05927

dsc05930

dsc05932

dsc05934

dsc05937

dsc05938

dsc05943

スロープのところまで戻ってきました。45mありますが、上りは電動スロープなのでラクチンです。

img_6762

素晴しい鍾乳洞でした。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 南大東島と沖縄本島ゴルフの旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください