牛鍋は横浜が発祥

[太田なわのれん]

牛鍋は横浜が発祥と言われています。

1859年に横浜が開港して食肉文化が伝わり、1862年に横浜入船町の居酒屋「伊勢熊」が牛鍋を提供したのが最初と言われています。

そんな中、1868年(明治元年)に創業した「太田なわのれん」は現在も残っている牛鍋屋の老舗の1つ。創業者の高橋音吉が牡丹鍋をヒントに鉄鍋で牛肉を味噌で煮込み、味噌とネギで牛肉の臭みを消して牛鍋を提供しました。これが現在も残る牛鍋のスタイルの元祖になります。

IMG_0843

メニューには、ぶつ切り牛鍋以外にすきやきもありました。

奮発して特上牛鍋のコースの浜をオーダー。

IMG_0844

先付

IMG_0846

吸物

IMG_0848

上撰お造り

IMG_0849

ワインは友人が持ち込んでくれました。

IMG_0850

そしてこちらが牛鍋。

なわのれんの牛鍋はぶつ切りが特徴。それを味噌で煮込みます。

IMG_0852

調理は仲居さんがすべてやってくれます。完成しました。

IMG_0854

濃厚な味噌味の牛肉は食べ応えがあります。

IMG_0855

お肉をお代わり

IMG_0856

壮観ですね。

IMG_0858

今度は牛鍋丼に。

IMG_0859

太田なわのれん

http://www.ohtanawanoren.jp/

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください