ぬか漬け発祥の地、小倉

[小倉城]

小倉にやってきました。

小倉の目的のお店の開店を待つために発祥巡りを続けます。

小倉はぬか漬け発祥の地と言われてます。

小倉城藩主の細川忠興がぬか漬けを広めました。

IMG_4448

小倉城の近くの八坂神社には日本一古いぬか床があり、今も毎日手入れされて400年以上の歴史があるらしい。
その日本最古のぬか床で漬けたぬか漬けを購入にするのに神社まで。

IMG_4455

すると、ぬか漬けは先代の宮司さんが亡くなってからは漬けなくなったようで、ぬか漬けの販売はしなくなったとのこと。
その代わりにすぐ隣の小倉城の方で販売してると聞いたのでそちらに行ってみます。

IMG_4456

糠蔵という場所がショップのようです。

IMG_4457

するとなんと、定休日。残念です。

IMG_4458

100年床を使用して小倉城城内にて製造・販売しているようです。

八坂神社にあったぬか床と一緒なのでしょうか。次回訪れることがあれば調べてみたいと思います。

IMG_4459

小倉城の中にお土産コーナーがあるらしいので中に入ってみます。

IMG_4459a

こちらの入り口から入れます。入って左側のお土産コーナーは入場無料です。

IMG_4459b

お土産コーナーでぬか漬けがないか聞いてみると置いてないとのこと。

その代わりに小倉の名物の堅パンと羊羹を購入して帰りました。

IMG_4460

まず、くろがね堅パン。

IMG_4460a

大正末期に官営八幡製鐵所が従業員のための栄養補給の食品として独特の原料と製法により開発したらしい。

大量に作って保存できるように水分を少なくして製造しています。 

食べてみましたがかなり堅いです。舐めて思いっきりかじると歯が折れるかもしれません。端から少しずつリスのようにかじることをお勧めします。

IMG_4460c

こちらは、くろがね羊羹

IMG_4461

こちらも製鐵所の従業員が食べるために製造。疲れを癒すためにあえて甘みが強い上白糖を使用してるのだとか。

IMG_4461b

帰りに小倉駅のお土産コーナーで、小倉の名物の「ぬかだき」があったので購入しました。

IMG_4486

ぬかだきは、じんだ煮とも呼ばれていて小倉周辺を中心とする旧豊前国の郷土料理です。

IMG_4487

糠みそを煮付けのだし汁にして煮込んだ食べ物。

糠の効果で青魚の臭みを抑えることができるのだとか。

IMG_5163

こちらは、いわしのぬかだき。

IMG_5169

こちらは鯖のぬかだき。

IMG_5170

どちらもおいしくいただけました。

 


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. うどん・豚骨ラーメン・焼うどん発祥と福岡・熊本の寿司を巡るゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください