駿河湾の宝石「桜えび」

[清水港魚河岸漁師めし 岸家]

前から訪れたかった静岡のとあるバーに行くために静岡駅までやってきました。

季節はゴールデンウイーク明け。バーの開店を待つ間、旬の桜えびを食べに由比港に行ってみることに。

桜えびは駿河湾以外に東京湾・相模灘にも生息していますが、漁業の営業許可は静岡県だけが認めているので日本国内での水揚げは100%駿河湾になります。桜えびの漁期は3月中旬~6月初旬と10月下旬~12月下旬の年二回。

春の桜エビは身も大きく秋より美味しいと言われています。

その中でも由比港は最大の水揚げを誇る漁港。

時間は15時過ぎ。由比にある通し営業の目当ての寿司屋にゴールデンウイーク明けなので営業しているか電話すると「今日は魚の入荷が遅く、雨も降っているので店を開けるのをやめた」とのこと。

由比駅周辺にこの時間帯で営業しているお店がなかったので近くの清水駅に移動することに。

清水駅前には清水魚市場 河岸の市という市場と食事処が集まった施設があります。

その中のまぐろ館にある「清水港魚河岸漁師めし 岸家」というお店に。

生桜えびと生しらすをまずはいただきます。どちらも由比産。

IMG_0044

どちらも新鮮でぷちぷちとした食感が楽しめました。

お酒は、由比の神沢川酒造場の純米吟醸 正雪(しょうせつ)で。

IMG_0051

清水港と言えば、マグロの水揚げ日本一なので本鮪中トロもオーダー。

IMG_0045

由比産桜えびかき揚げも。サクサクして美味しかったです。

IMG_0047

このお店のお茶は静岡最古のお茶の発祥地で採れた本山茶を使用していました。

IMG_0049

この後は静岡駅に戻って静岡おでんを食べてバーの開店を待ちます。
 

清水港魚河岸漁師めし 岸家

http://kashinoichi.com/maguro01_content/page02/


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください