鵡川ししゃもを食べに、むかわ町に

[大豊寿司]

この時期(10〜11月頃)に北海道に来たらぜひ食べておきたい食材がありました。それは鵡川ししゃも。

柳葉魚(ししゃも)は北海道の太平洋沿岸しか獲れない日本固有の魚で鮭と同じように海で育ち、産卵の時期(10月から11月頃)になると川を遡上して産卵します。町のスーパーなどで販売しているししゃもは、カラフトシシャモ(カペリン)とは別物。

その中で、むかわ町の鵡川に遡上する鵡川ししゃもは、最高と言われています。

ししゃもの刺身は以前、苫小牧の寿司屋で食べたことはありますが、現地で食べてみたいと思い、この機会に車を飛ばして行ってきました。

むかわ町にある大豊寿司。10月中旬から11月中旬まで、生のシシャモを使ったししゃも寿司がいただけるお店です。

ししゃも寿司は、オスを使用。

上品な脂で美味しかったです。

すまし汁には大豊寿司の文字も。先代の名前が豊さんで、豊寿司にしようとしたから字画が悪かったので、豊の前に大をつけたようです。

追加で、ししゃもっこを二貫を頼んだらセットについてた、とびっ子かなと思ってたのがししゃもの子でした(笑)

生焼きししゃものオスとメスも(生焼けじゃなくて生のししゃもを焼いたししゃもです)

手前の上に乗っているのがオスで下の小さいのがメス。脂が乗ってるオスに食感のメスというどちらにも良さがあります。

食べていると、メスが小さかったのでサービスという事でもう1匹持ってきていただけました。ありがとうございます。

本日の宿泊は石狩市。途中、札幌で食べ歩きしてから石狩に向かいます。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください