2020年全英オープン、新型コロナにより開催中止が決定

今年の全英オープンの中止が決まりました。先ほどGolf.comのFBページで速報が出ていました。

来年の2021年の会場は今年の会場予定だったRoyal St. George’sに。
再来年の2022年の会場は来年の会場予定だったSt. Andrewsにスライドすると発表されました。

となると3年後の2023年は2022年の予定だったRoyal Liverpoolかもしれません。

全英オープンが開催されなかったのは
1871年にトロフィーが用意できずに未開催
(当時はクラレットジャグではなくチャンピオンベルトが授与されてました。そして三連勝した者が所有できるというルールで前年にトム・モリスJr.が三連勝してモリスJr.の物になりました。財政難で用意できずに開催できませんでした。)

1915〜1919年 第一次世界大戦のため中止

1940〜1945年 第二次世界大戦のため中止

と今回で4度目。
残念ですが今の状況では仕方ないですね。

世界中の人が協力してなんとか新型コロナを今年中に克服して来年は必ず開催できるようにしたいですね。


1871年の中止については以下の記事にまとめています。


全英オープンの開催コースのリストに2020年新型コロナウイルスにより中止を追加しておきました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください