作家・柴田錬三郎のためだけに造られたコース

[奥道後ゴルフクラブ]

愛媛県の奥道後ゴルフクラブをラウンドしてきました。

開場は昭和50年。設計は阿部恒雄。

奥道後ゴルフクラブは眠狂四郎で知られる作家・柴田錬三郎のために、愛媛県の実業家・坪内壽夫が造ったゴルフ場として有名です。

柴田が坪内と瀬戸内海を眺めながらドライブをしているときに「この海を眺めながらゴルフがしたいな」と柴田が話したことがきっかけで坪内が柴田のために、場所を探し、山を切り開いてゴルフ場を開発。

そんな奥道後ゴルフクラブは海が見える景観が素晴らしいコースでした。

各ホールには花木の名前を付けて、それらの木々をコースに植えています。各ホールの彩られているホール名の名前も一緒に紹介します。

ティーはバックティーからティーオフ。

 

1番ホール(フェニックスホール) 390ヤード パー4

海に向かって打ちおろすやや右ドッグレッグのパー4

SN3O1066

スタートホールから海が見えて気持ちがいいです。

SN3O1067

SN3O1068

 

2番ホール(フェニックスホール) 200ヤード パー3

打ち上げの距離のあるパー3

SN3O1069

 

3番ホール(アメリカハナミズキホール) 430ヤード パー4

やや右ドッグしている距離のあるパー4

SN3O1071

SN3O1072

 

4番ホール(八重桜ホール) 440ヤード パー4

池越えで打ち下しの距離のある右ドッグレッグのパー4

SN3O1073

ティーショットを打ち終えて谷を越えるカート道沿いに鹿が保護されているエリアがありました。

SN3O1074

SN3O1075

 

5番ホール(梅ホール) 490ヤード パー5

打ち上げのパー5

SN3O1076

SN3O1077

SN3O1078

 

6番ホール(海棠ホール) 375ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

SN3O1079

SN3O1080

 

7番ホール(百日紅ホール) 345ヤード パー4

打ち下しで距離のないパー4。写真はセカンド地点からの風景。

SN3O1081

 

8番ホール(ザクロホール) 160ヤード パー3

フラットなパー3

SN3O1082

 

9番ホール(紅葉ホール) 500ヤード パー5

谷越えで打ち下しの右ドッグレッグのパー4

SN3O1083

セカンド以降は打ち上げ。

SN3O1084

SN3O1085

 

10番ホール(椿ホール) 365ヤード パー4

フラットなパー4

SN3O1040

SN3O1041

 

11番ホール(アメリカンデーゴホール) 523ヤード パー5

やや打ち下しのパー5

SN3O1042

右には海が見えます。

SN3O1045

SN3O1047

 

12番ホール(コブシホール) 389ヤード パー4

打ち上げのパー4

SN3O1048

セカンドも打ち上げ。

SN3O1049

 

13番ホール(クロガネモチホール) 177ヤード パー3

打ち上げのパー3

SN3O1050

ティーグラウンドから後ろを振り返った風景。右に見えるのは鹿島。

SN3O1051

 

14番ホール(花桃ホール) 550ヤード パー5

ティーショットは打ち下しのパー5

SN3O1052

セカンド以降は打ち上げ。

SN3O1053

SN3O1054

 

15番ホール(モクレンホール) 455ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4

SN3O1056

SN3O1057

 

16番ホール(さざんか・金モクセイホール) 150ヤード パー3

海に向かって打つパー3

SN3O1059

 

17番ホール(泰山木ホール) 390ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

SN3O1060

SN3O1061

セカンド地点から振り返った風景。

SN3O1062

 

18番ホール(椿ホール) 375ヤード パー4

ストレートなパー4

SN3O1063

SN3O1064

山を大胆に削り、高台に造ったコースなので柴田錬三郎の希望通りに海がよく見える素敵なコースでした。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 愛媛ゴルフ旅(47都道府県ゴルフ旅 全制覇) | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください