豚骨醤油の和歌山ラーメンの中でも豚骨が強いラーメン

[井出商店]

締めは和歌山ラーメンの二系統ある一つの元祖の井出商店。

和歌山ラーメンは醤油ベースの豚骨醤油ラーメンと豚骨ベースの豚骨醤油ラーメンの二系統があり、井出商店は後者の豚骨ベースの豚骨醤油ラーメンの元祖。

正確に言うと元々は醤油ベースの豚骨醤油ラーメンの丸高がルーツで井出商店もその製法でスープを作っていたのだが、ある日、豚骨を煮込みすぎてドロドロになり、それでスープを作ったのが豚骨ベースの豚骨醤油ラーメンの始まり。

テレビ番組などで井出商店が有名になったので和歌山ラーメンといえば豚骨が強いイメージがありますが、本来は丸高系の醤油の風味が強いラーメンが和歌山ラーメンでした。

食べてみると、想像していた以上に豚骨ベースが強い。
食べ慣れてない人は好き嫌いが分かれそう。

和歌山ラーメンのラーメン文化の中で特徴があるのがこのテーブルに置いてある早すし。

和歌山には、発酵を進めたかなり臭いのきついなれずしが郷土料理にありますが、こちらは、早なれずしのこと。

酢で締めた鯖寿しです。これをラーメンと一緒に食べる文化があります。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください