« »

八街カントリークラブという名前でオープンする予定だったコース

03.日本のゴルフ場

[千葉バーディークラブ]

2016年3月23日 08:52

千葉県の千葉バーディークラブをラウンドしてきました。

開場は2008年。設計は清水建設(株)。

かつて1997年に開発がスタートした八街カントリークラブが事業主体の内野屋工務店が破産し、開発が頓挫していたのをユニマットグループが傘下にし2006年から造成を再開し、千葉バーディークラブと名前を変えて開場した経緯があります。

ティーはブラック、ブルー、ホワイト、ゴールド、レッドとあり、ブルーからティーオフ。

 

1番ホール 338ヤード パー4

距離の短いパー4

01aDSC05123

01bDSC05124

 

2番ホール 168ヤード パー3

グリーン右手前に池があるパー3

02DSC05125

 

3番ホール 460ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4

03aDSC05126

左サイドには池が配置されています。

03bDSC05127

 

4番ホール 542ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5。ティーショットもセカンドショットも池越え。

04aDSC05128

04bDSC05129

04cDSC05130

 

5番ホール 150ヤード パー3

池越えのパー3

05DSC05131

 

6番ホール 512ヤード パー5

ストレートなパー5

06aDSC05132

06bDSC05133

グリーン手前には巨大なバンカーが配置されています。

06cDSC05134

 

7番ホール 402ヤード パー4

ティーショットが谷越えで右ドッグレッグのパー4

07aDSC05135

07bDSC05136

 

8番ホール 338ヤード パー4

距離の短い左ドッグレッグのパー4

08aDSC05137

08bDSC05138

 

9番ホール 392ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

09aDSC05139

09bDSC05141

グリーン手前にはクリークが流れています。

09cDSC05142

 

10番ホール 331ヤード パー4

距離の短いパー4

10aDSC05143

10bDSC05144

 

11番ホール 172ヤード パー3

11DSC05145

 

12番ホール 501ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

12aDSC05146

セカンドは池越え。

12bDSC05147

12cDSC05148

12dDSC05149

 

13番ホール 420ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4

13aDSC05150

13bDSC05151

13cDSC05152

 

14番ホール 366ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

14aDSC05153

14bDSC05154

 

15番ホール 520ヤード パー5

セカンドが6本の木で左右にセパレートされているパー5

15aDSC05155

セカンドはコース中央にある木の左右のどちらかに打ちます。

15bDSC05156

こちらはセパレートされている左側からの風景。

15cDSC05157

こちらは右側からの風景。

15dDSC05158

15eDSC05159

15fDSC05160

 

16番ホール 409ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

16aDSC05161

16bDSC05162

 

17番ホール 206ヤード パー3

距離のあるパー3

17DSC05164

 

18番ホール 446ヤード パー4

距離のあるパー4

18aDSC05165

18bDSC05166

グリーン右サイドには池が配置されています。

18cDSC05167

 


« »


Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »