元祖、白熊を食べてみた

[天文館むじゃき ]

鹿児島と言えば、かき氷の白熊。

今はコンビニでも販売してる人気商品。

その元祖が、天文館にある、むじゃきの白熊です。

創業昭和21年です。白熊は昭和24年から発売。

先に、熊襲亭で白熊を食べたので、どちらがおいしいか食べ比べ。

SN3J0453.JPG私はもちろん、ノーマルな白熊を注文(683円)

「元祖のむじゃきの白熊」VS「熊襲亭の白熊」は熊襲亭の白熊の圧勝!

むじゃきの甘すぎ。熊襲亭のは甘すぎず上品な甘さでした。

SN3J0454.JPGこちらはロン社長の南海の黒熊(683円)

きな粉と黒糖の味がしました。ナッツがいいアクセントになってます。

これが3つの中で一番おいしかったです。

SN3J0455.JPGこちらは呑助社長のストロベリー白熊(683円)

甘すぎ。子どもやアメリカ人が好きそうな味でした。

今回の旅のテーマは発祥ということで、白熊の発祥の店むじゃきのレポートでした。

——————————————————————–

天文館むじゃき

TEL 099-222-6904

住所 鹿児島県鹿児島市千日町5-8

営業時間 11:00~22:00 不定休

http://www.mujyaki.co.jp/

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. [天文館むじゃき] 5年ぶりのむじゃきの白熊と幻になってしまったホテルユニオンの白熊 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください