自然と共存する雄大なゴルフコース

[桂ゴルフ倶楽部 ]

北海道ゴルフの第3ラウンドは桂ゴルフ倶楽部。

8月下旬に行われるニトリレディスゴルフトーナメントの会場です。この大会は昨年の2010年から開催されたばかりの試合。

開場は1993年。設計はロバート・トレント・ジョーンズJr.が担当。

ラウンド中の桂ゴルフ倶楽部の印象はカリフォルニアのモントレーにある同じくジョーンズJr.設計のポピーヒルズに物凄く似ている印象。

桂ゴルフ倶楽部でのラウンドの日、小雨混じりの天候でポピーヒルズでのラウンドの時も雨。

天候のせいだけではないと思い、ずっとラウンド中、その理由を考えていました。

ポピーヒルズでのラウンドレポートはこちら「ペブルビーチの森の中にあるパブリックコース

ポピーヒルズのスケール感や自然の中に溶け込んでいる雰囲気がそっくりなのです。

 

広い北海道の敷地に造られたので雰囲気が似てるんだろうなと思っていたのですが、帰ってきて桂ゴルフ倶楽部について調べてその理由がわかりました。

桂ゴルフ倶楽部の敷地は43万坪あり、当初の計画では27ホール造る予定だったようです。

土地の視察に来た当時の経営陣がこの森を見て考えが一変したらしい。

「美しい森をできるだけ残して自然と共存してコースを造る」

詰め込めば36ホールも造れる敷地内に自然を残しながら18ホールを造るという、このコンセプトがなければ同じジョーンズJr.氏が設計したとしても、ポピーヒルズと同じく雄大なコースにはならなかったと思います。

そして18番ホールには桂の大木がコース内にあるのですが、この大木を守ることを、自然と共存していくことの象徴としてにするために「桂ゴルフ倶楽部」と命名したようです。

 

そんなポピーヒルズに似た雄大な桂ゴルフ倶楽部の同伴者に、ポピーヒルズで一緒にラウンドしたAさん、Yさんも一緒に合流したというのは偶然ではない気がします。

ティーはチャンピオンティー、バックティー、レギュラーティー、フロントティーとあり、チャンピオンティーは7116ヤードですが、バックティーは6495ヤード、レギュラーティーは6093ヤードと短めということもあるのでバックティーからラウンド。

 

1番ホール 376ヤード パー4

真っ直ぐなパー4

 

2番ホール 353ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

狙いはフェアウェイ右に生えている木の左。

 

3番ホール 502ヤード パー5

2打目がクリーク越えになっている左ドッグレッグのパー5

 

4番ホール 419ヤード パー4

右ドッグレッグした距離のあるパー4

バンカーの先から下ってグリーンに向かってまたのぼっています。

 

5番ホール 155ヤード パー3

ブッシュ越えのパー3

ティーグラウンドの近くにはエゾジカが。まさに自然と共有しているコースです。

 

6番ホール 290ヤード パー4

谷越えの距離の短いパー4

二打目以降は打ち上げになっています。

 

7番ホール ヤード パー

右ドッグレッグのパー5

 

8番ホール 161ヤード パー3

右に池、左にバンカーでガードされているパー3

 

 

9番ホール 372ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

 

10番ホール 521ヤード パー5

最初は右に次に左にドッグレッグするパー5

 

11番ホール 162ヤード パー3

グリーン左にバンカーが2つあるパー3。

 

12番ホール 373ヤード パー4

左ドッグレッグのハザード越えのパー4

12aSN3O0621.jpg

ティーショットの狙い目は向こうに見えるバンカー狙い。

 

13番ホール 420ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4

 

14番ホール 531ヤード パー5

真っ直ぐなパー5

 

15番ホール 364ヤード パー4

右に池が続く右ドッグレッグのパー4

 

16番ホール 161ヤード パー3

斜めにハザードが横切っているパー3

 

17番ホール 390ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

 

18番ホール 397ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4。フェアウェイの右側には桂ゴルフ倶楽部のシンボルツリーの桂の木が。

ティーショットはナイスショット。左のラフに。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください