美しいキンタイア半島の南端にある歴史あるリンクス

[Machrihanish Golf Club/マクリハニッシュゴルフクラブ]

スコットランド第7ラウンドはキンタイア半島の南端にあるマクリハニッシュゴルフクラブ。

1876年開場。当時、セントアンドリュースで活躍していたオールド・トム・モリスを招聘して設計。

2013年の世界ゴルフ100選で91位にランクインしていて、1番ホールはThe 500 World's Greatest Golf Holesにも選出されています。

更にマクリハニッシュの1番ホールは、The 500 World's Greatest Golf Holesの中で更に3つの部門(全500ホールに対してそれぞれ18ホールのみ選ばれる)に選出されている名ホール。

まずはThe Single Best Holes by Number、書籍内で選出されている全1番ホールの中でも一番素晴らしいコース1番ホールとして選出。

(※ちなみに18番ホールはペブルビーチの18番ホールが選出されています。)

続いてThe Most Heroic HolesとThe Best Ocean Holesにも選出されています。

マクリハニッシュへの移動は、フェリーでショートカットできますが、グラスゴーから車で三時間半かけての移動をおススメします。途中のキンタイア半島の壮大な自然を見ながらの移動は素晴しく、半島の南端に到着したときの感動は最高です。

00IMG_4519

マクリハニッシュゴルフクラブのロゴのオイスターキャッチャーのフラッグがたなびいています。

マクリハニッシュには18ホールのチャンピオンシップコースの横に9ホール2319ヤード、パー34のショートコースのパンズコース(Pans Course)もありました。

チャンピオンシップコースのティーはブルー、ホワイト、イエロー、レッドとあり、ホワイトティーからティーオフ。

 

1番ホール(The Battery) 428ヤード パー4

海とビーチ越えの左ドッグレッグのパー4

01aDSC01101a

ビーチには人が普通に横切って歩いています。

ティーグラウンドから左を見ると海の向こうにアイラ島が見えます。

アイラモルトが大好きなのでいつかアイラ島にも行ってみたい。

01bDSC01099

01bDSC01104

 

2番ホール(Machrihanish) 393ヤード パー4

セカンドがクリーク越えのパー4

02aDSC01107

セカンドはクリーク越えで打ち上げ

02bDSC01108

グリーン奥から振り返った風景

02zDSC01109

 

3番ホール(Islay) 373ヤード パー4

海の向こうにアイラ島が見えるパー4

03aDSC01110

03bDSC01111

 

4番ホール(Jura) 121ヤード パー3

距離の短いパー3

04DSC01115

 

5番ホール(Punch Bowl) 388ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

05aDSC01116

05bDSC01117

05cDSC01118

05dDSC01119

 

6番ホール(Balaclava) 311ヤード パー4

距離の短いパー4

06aDSC01121

コース左側から見た風景

06bDSC01122

06cDSC01123

 

7番ホール(Bruach More) 429ヤード パー4

距離のあるパー4

07aDSC01124

07bDSC01125

07cDSC01126

07dDSC01127

07eDSC01128

グリーン手前からコースを振り返った風景

07zDSC01129

 

8番ホール(Gigha) 341ヤード パー4

距離の短いパー4

08aDSC01130

08bDSC01132

コース右側の丘の上からグリーンを見た風景

08bIMG_4507

グリーン右手前からグリーンを見た風景

08cDSC01133

 

9番ホール(Ranachan) 354ヤード パー4

09aDSC01135

ティーグラウンド奥の丘から北側を見た風景

09aDSC01136

こちらは南側を見た風景

09aDSC01137

09bDSC01138

09cDSC01139

グリーンから振り返った風景

09zDSC01141

 

10番ホール(Cnocmoy) 502ヤード パー5

このコース、初めてのパー5

10aDSC01142

10bDSC01143

10cDSC01144

 

コース途中の右側の小山からコースを振り返った風景

10czDSC01145

コース右側の小山からグリーンを見た風景

10dDSC01146

10eDSC01147

グリーン手前からコースを振り返った風景

10zDSC01148

 

11番ホール(Strabane) 198ヤード パー3

11DSC01149

ティーグラウンドから振り返って海を見た風景

11DSC01150

11DSC01151

 

12番ホール(Long Hole) 510ヤード パー5

12aDSC01153

こちらは後ろのブルーティー(542ヤード)からの風景

12aDSC01154

12bDSC01155

12cDSC01158

 

13番ホール(Kilkivan) 369ヤード パー4

13aDSC01160

13bDSC01161

13cDSC01162

13dDSC01163

13eDSC01164

グリーン奥からコースを振り返った風景

13zDSC01165

 

14番ホール(Castlehill) 437ヤード パー4

14aDSC01166

14bDSC01167

14cDSC01168

14dDSC01169

 

15番ホール(The Hut) 166ヤード パー3

15DSC01171

 

16番ホール(Rorke's Drift) 232ヤード パー4

距離のあるパー3

16DSC01172

 

17番ホール(The Burn) 369ヤード パー4

ティーショットがクリーク越えのパー4

17aDSC01173

コースの左側からクリークを見た風景

17bDSC01175

コースの左を見るとショートコースのパンズコースが見えます。

17cDSC01176

17dDSC01177

 

18番ホール(Lossit) 314ヤード パー4

距離の短いパー4

18aDSC01178

18bDSC01181

18cDSC01183

18dDSC01184

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

2 Comments

  1. 2017年7月31日にプレーしてきました。数日前に訪れたGULLANE#1&#2で手痛い目に会っていたので兎に角ボギーペースを心がけて18ホール回りました。平日8時15分にクラブハウス前の駐車場に着いたが人影が見当たらず、心細くなった。海側にあるプロショップに行き、受付の若い女性に予約がある旨伝えると、事前にinter net 予約して料金も払っていたのですぐにtee-offしてよいとの事、トロリー代£4のみ支払い8:52いざtee-off天候は曇り風はそよ風。outは基本的に左からの追い風、tee-shotさえまともに行けばパーも狙えます。3ホール過ぎた辺りから風が強くなり、フラッグのポールが撓るほどでした。inは右または正面からのまともな向かい風、少しでも曲がると風に乗って厚いラフに飛び込んで即ロスト。終わってみればパーも数個取れてボギーペースでした。距離はありませんが(黄色からプレー)凄いラフとうねるフェアーウエー絶え間なく吹き付ける潮風、グリーンの読みの難しさ、コースとの知恵比べと忍耐と言う”これぞリンクス”を堪能しました。

  2. 小泉さん

    コメントありがとうございます。

    風の中のゴルフ、大変ですけど楽しいですよね。

    しかも強風の中でボギーペースは素晴らしいですね。

    僻地の素晴らしいリンクスに私も時間をおいて再訪したいと思ってます。

1 Trackback / Pingback

  1. スコットランド ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください