クリームパン発祥は新宿中村屋

クリームパンの発祥は東京の新宿にある新宿中村屋

IMG_3666

創業者の相馬愛蔵がシュークリームを食べて感動し、これをパンに応用したのが始まり。1904年(明治37年)のことでした。

IMG_3672

クリームパンの包み紙の裏にもそのことが記載されています。

IMG_3673

クリームパンの一般的なイメージはグローブ型ですが中村屋は丸型。販売時は柏餅型だったようです。

IMG_3674

質の高いカスタードクリームが隙間なく詰まっていました。

IMG_3675

そして、実はカレーパンの発祥も中村屋ではないかという説もあります。

カレーパンの発祥は1927年に東京の江東区にあった名花堂(現:カトレア)が「洋食パン」の名で実用新案されたものがルーツであると主張しています。この実用新案は「具の入ったパンをカツレツのように揚げる」というものでした。

カトレアのカレーパンの記事はこちら

また練馬区にあるデンマークベーカリー(1934年創業)が初めてつくったとも。

IMG_3667

そして中村屋は1916年頃にカレーパンを提供していたとも。

IMG_3670

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください