かつて東京都の埋立地にあった井上誠一設計のコース

[東雲ゴルフ倶楽部]

昨日の根岸ゴルフ場跡地に引き続き、今日も閉鎖されたゴルフ場の跡地巡りをしてみます。

東京都の江東区有明の埋立地にかつて存在していた東雲ゴルフ倶楽部の跡地にやってきました。

りんかい線の国際展示場で下車して有明コロシアムの方面に向かいます。

IMG_3632

現在の有明テニスの森公園やその周辺に、かつて東雲ゴルフ倶楽部が存在していました。

IMG_3633

1952年(昭和27年)に都有地を10年契約で借地して元東京都長官(現在の都知事)の松井春生が理事長として設立。

設計は井上誠一が担当。

IMG_3634

名匠井上誠一設計のコース、そして交通の便がいいということもあり、開場当初から人気のあるコースでしたが、東京オリンピックの開催が1964年に予定されていたことと、都からの借地だったために道路整備などで立ち退きを迫られるのではないか?と将来を危惧したメンバーたちによって新しい移転先を探し始めました。

移転先は2つのグループに分かれて、一つは嵐山カントリークラブ(1962年開場)に、そしてもう一つは大浅間ゴルフクラブ(1963年開場)に分かれました。

IMG_3636

しかし、すぐに立ち退きが迫られたことはなく東雲ゴルフ倶楽部はその後も存続し、昭和50年代に入り、臨海開発のために東京都に用地返還することになり、1981年に閉鎖となりました。

そして最後まで残っていたメンバー達は1984年に栃木県高沢町に名前をそのまま継承して東雲ゴルフクラブとして移転しました。

IMG_3637

閉鎖後、コースの一部は有明テニスの森公園となり、テニスコートや公園に。

IMG_3639

ゴルフコースの面影を探しに周辺を散策しましたが、かつての面影は公園内のこの周辺のみで、あとは面影は残っていませんでした。

IMG_3640

IMG_3642

おそらく有明スポーツセンターのあたりも東雲ゴルフ倶楽部のコース内だったと思われます。

IMG_3643

ゴルフコースはおそらくこの地図の右側のオレンジ色の区画の中にあったと思います。 

IMG_3647

多くの人がテニスを楽しんでいました。 

IMG_3648

IMG_3649

IMG_3650

IMG_3651

IMG_3652


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください