長野県最古の倶楽部で日本一のプライベートリゾートコース

[軽井沢ゴルフ倶楽部]

長野県の軽井沢ゴルフ倶楽部。

日本一のプライベートリゾートコースと言われています。

倶楽部が設立されたのは、大正8年(1919年)。長野県で一番古い倶楽部です。

軽井沢が避暑地・別荘地として人気が出ていた頃、軽井沢にもゴルフ場をという気運が高まった中で創設されました。

コースが完成したのは大正11年(1922年)。9ホールのコースとして開場しました。設計はトム・ニコル。

その後、メンバーから18ホールの要望が高まり、昭和7年(1937年)に現在の場所に移し、18ホールで開場。

設計は当時の日本のトップアマの小寺酉二。

移転後、元の9ホールのコースはしばらくはパブリックコースとして運営され、戦後の昭和24年に、地名の旧軽井沢から、旧軽井沢ゴルフクラブと名づけされ、別のプライベートクラブとして立ち上がりました。

そのため、大正9年創設の「長野県最古の倶楽部」の軽井沢ゴルフ倶楽部は18ホールの新コースを使用しているので「新軽」と呼ばれるに対して、昭和24年創設の旧軽井沢ゴルフクラブは旧軽井沢に造られていた「長野県最古のコース」を使用しているので「旧軽」と呼ばれて、古いのに「新」、新しいのに「旧」という名前の逆転現象が起きています。

軽井沢ゴルフ倶楽部は、日本でも数少ないエクスクルーシブなプライベートコースで、日本ゴルフ協会にも所属せず、競技志向ではなく会員の親睦を目的としています。そのため、所属プロもおらず、プロゴルファーはラウンドできないというルールもあります。

歴代の理事長に「Play Fast」という言葉で有名な白洲次郎がいたことでも有名で、当時の総理大臣の田中角栄が訪れた時も、メンバーでないので断ったという逸話も残っています。(田中角栄は後にメンバーに)

白洲次郎はテラスの丸時計の下の椅子に座り、スロープレイヤーに睨みを利かせていたようです。

00IMG_2091

1番のティーインググラウンドの横にあるこの看板もショットするときはすぐに打てるように準備を完了しておけという白洲次郎のPlay Fastの精神からのようです。

01aIMG_4717

その教えを守り、ラウンドしていたのですが、ルーティーンの中に素振りを入れているので素振りなしでショットすると気持ち悪かったです。

ラウンドの途中で、「素振り禁止はショットしづらいね(笑)」と同伴者と談笑しているとキャディさんが、「皆さんプレイがお速いから1番、10番以外は気になさる必要ないですよ。」と言っていただけました。

ただ、たまには素振り禁止という縛りも面白いので最後まで素振りなしでラウンドしてみました。

 

避暑地のリゾートコースということで簡単なコースやと思いきや、距離もしっかりとあり、グリーンも難しく十分に楽しむことができるコースでした。

ティーは面白く、赤いティーがレギュラーティーで青いティーがフロントティーになっています。

01aIMG_2097

ティーはレギュラーの赤ティーからティーオフ。

 

1番ホール 398ヤード パー4

距離のあるパー4

01aIMG_2092

01bIMG_2094

01cIMG_2095

 

2番ホール 393ヤード パー4

左がOBで距離のあるパー4

02aIMG_2096

02bIMG_2098

02cIMG_2099

 

3番ホール 214ヤード パー3

距離のあるパー3

03IMG_2101

グリーンの40ヤード手前ぐらいにバンカーが配置されています。

03IMG_2102

 

4番ホール 341ヤード パー4

距離の短い右ドッグレッグのパー4

04aIMG_2103

04bIMG_2105

04cIMG_2106

 

5番ホール 416ヤード パー4

距離のあるパー4

05aIMG_2107

05bIMG_2108

 

6番ホール 425ヤード パー4

距離のあるパー4。ここまで4番ホール以外、距離のあるホールが続き、かなりタフなイメージです。

06aIMG_2109

06bIMG_2110

06cIMG_2111

 

7番ホール 144ヤード パー3

ようやく息が抜けるヤードのホールが出てきました。

07IMG_2112

07IMG_2113

 

8番ホール 568ヤード パー5

距離のある左ドッグレッグのパー5

08aIMG_2114

08bIMG_2115

08cIMG_2117

 

9番ホール 480ヤード パー5

距離の短いパー5

09aIMG_2118

09bIMG_2120

09cIMG_2121

 

アウトコースの感想は4番、9番ホール以外、距離がたっぷりあり、タフなコースという印象です。

 

インコースの10番のティーインググラウンドの右前方にあるこの桜は白洲桜と呼ばれています。

(この写真は10番ティーの手前の練習グリーンから撮影)

09zIMG_4730

白洲次郎の名前が刻まれた石が根元に記念に設置されていました。

09zIMG_4731

 

10番ホール 384ヤード パー4

セカンドがクリーク越えのパー4

10aIMG_2122

10bIMG_2123

クリークは左手前から右奥に斜めにコースを横切って流れています。

10cIMG_2124

11番ホール 392ヤード パー4

距離のある右ドッグレッグのパー4

11aIMG_2125

11bIMG_2126

右サイドには池が配置されています。

11cIMG_2127

 

12番ホール 128ヤード パー3

池越えのパー3

12IMG_2128

 

13番ホール 356ヤード パー4

まっすぐなパー4

13aIMG_2129

13bIMG_2130

 

14番ホール 596ヤード パー5

距離のある右ドッグレッグのパー5

14aIMG_2132

14bIMG_2133

途中、フェアウェイは左に傾斜しています。

14cIMG_2135

14dIMG_2136

14eIMG_2137

 

15番ホール 400ヤード パー4

距離のあるパー4

15aIMG_2138

15bIMG_2139

グリーン右手前には池が配置されています。

15cIMG_2140

 

16番ホール 191ヤード パー3

距離のあるパー3

16IMG_2141

16IMG_2142

 

17番ホール 408ヤード パー4

距離のあるパー4

17aIMG_2143

17bIMG_2144

17cIMG_2145

17dIMG_2146

17eIMG_2147

 

18番ホール 492ヤード パー5

18aIMG_2148

18bIMG_2149

18cIMG_2150

18dIMG_2151

 

メンテナンスも素晴らしく、タフで何度もラウンドしたくなる素晴らしいコースでした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください