カツカレー発祥の店

[洋食スイス]

東京の銀座にある洋食スイス

創業昭和22年、カツカレー発祥の店と言われてます。

昭和23年、巨人軍の千葉茂は銀座スイスの常連で、試合前にカレーライスにカツレツを乗せてほしいとオーダーしたのが始まりのようです。
当時はカツレツカレーというメニュー名。

実はカレーライスにトンカツを最初に乗せたのは浅草で屋台で大正7年に創業した河金が最初。

しかし、河金のはカツカレーではなくカレー丼にトンカツを乗せた河金丼というメニュー。

カツカレーの元祖は河金ですが、一般的なスタイルのカツカレーを広めたのは洋食スイスという感じでしょうか。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください