« »

オーストラリア独自のコーヒー文化

02.グルメ・食べ歩き

[ハドソンズコーヒー]

パイフローターを探せず失意のまま空港に。

最後に空港内でも探したけど見つからず。。

IMG_9284

オーストラリアのコーヒーチェーンのハドソンズコーヒーでフラットホワイトで休憩。

スタバがオーストラリア独自のコーヒー文化に馴染めず撤退したらしい。

IMG_9283

フラットホワイトをネットで調べるとこんな感じ。

ラテよりも“キメ”の細かい泡をスティーマーで丹念に作り上げ、それをエスプレッソに絡めるようにクリーミーなベルベットタッチのミルク(これは牛乳とはいえない、まさにクリーム)を入れて仕上げる。
分量はエスプレッソ1/3、クリーミーなスチームミルク2/3ぐらいの割合で作る。

 

最近ではイギリスにもオージーカフェが進出して、このフラットホワイトの人気が出てきてるようです。

さらに今年からはアメリカやイギリスのスターバックスでもフラットホワイトがメニューに登場してるらしい。


Comments

comments

“オーストラリア独自のコーヒー文化” への3件のフィードバック

  1. […] アデレード名物のパイフローターを捜索  アデレード市街にて オーストラリア独自のコーヒー文化  ハドソンズコーヒー オーストラリアの国民的なお菓子のTimTam […]

  2. […] 以前の記事で説明しています。「オーストラリア独自のコーヒー文化」 […]

  3. […] こちらは以前の記事で紹介しています。「オーストラリア独自のコーヒー文化」 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »