西表島の琉球猪のチャンプルーを請福酒造のリキュールで

[てっぺん]

石垣島初日の夜はてっぺんという居酒屋からスタート。

石垣島の泡盛がずらりと勢ぞろい(残波と泡波は違いますが)

石垣島の泡盛の酒造場は請福酒造、宮之鶴の仲間酒造、八重泉酒造、玉の露の玉那覇酒造所、於茂登の髙嶺酒造所、白百合の池原酒造所の6つがあります。

今日は何軒かハシゴする予定なので最初は軽めに請福酒造がいろんな種類の泡盛ベースのリキュールを作っているのでそれをソーダ割でいただきます。

まずは生姜のリキュールのソーダ割から。

西表島産の琉球猪を使った猪とにんにくの葉のチャンプルーをオーダー

琉球猪は内地の猪より小型で西表島の琉球猪は更に小型で大きくても50㎏程度にしかならないようです。西表の猪が原種であると言われています。味はあっさりとしていて臭みがなく石垣島と西表島では西表島産の猪は特に美味と珍重されているらしい。

しっかりとした肉質で噛めば噛むほど旨味がでてきて美味しい猪でした。

2杯目は、同じく請福のシークァーサーのリキュールのソーダ割。粒粒入りでこちらも飲みやすいリキュールでした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください