石垣島最北端の灯台と赤い津波石

[平久保埼灯台と安良大かね]

最高のランチを明石食堂で食べた後は石垣島最北端の平久保埼灯台に向かいます。

快晴ではありませんでしたが景色が良かったです。

続いて、安良大かね(ヤスラウフカネ)という津波石を見に行きました。これがかなりの悪路を進む必要があり、結構大変でした。

道路から海岸に向かう整備された歩道はなく直感で海岸に。

昔の大地震で津波が起こり、浜に打ち上げられた津波石です。

今までいろいろな津波石を見てきましたが、赤い色でこの世の物とは思えない色味で少し不気味な感じ。

流紋岩と呼ばれる岩でマグマが流れた物が固まった岩なのでこのような色なのだとか。

別名、イファンガニとも呼ばれていて叩くと鐘のような音がするらしい。

何か異様な雰囲気がしたので叩くのは控えておきました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください