琉球国王が巡礼前に安全祈願をした世界遺産の拝所

[園比屋武御嶽/そのひゃんうたき]

首里城を初めて訪れたのは2013年。観光でした。

その後も首里城は何度か訪れていましたが、守礼門を通過して歓會門の間に世界遺産の石門があったことを移住後に知ったので見学に行ってみました。

実は、その石門は何度も見ていたのですが世界遺産だとは気が付かないぐらい溶け込んでいたのです。

園比屋武御嶽石門/そのひゃんうたきいしもん。

大きく世界遺産って書いてありましたね。

1519年に尚真が築いた門で、国王が城外に出るときに安全を祈願するために一番最初にここを参拝していたようです。

木の扉以外は石灰岩で作られています。

石門の後ろにある森は園比屋武御嶽。

現在は門の後ろの森は一部のみ残っていて、大部分は城西小学校の敷地になっていました。

園比屋武御嶽石門からみた歓會門。

帰りに那覇市内を一望できる西のアザナに立ち寄ってみました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください