2019年ラーメン・オブ・ザ・イヤー

2015年から始めた今年一番美味しかったものをまとめる企画

まずは2019年ラーメン・オブ・ザ・イヤー

その前に過去のリンクを

2018年ラーメン・オブ・ザ・イヤー

2015年から始めた今年一番美味しかった ...
続きを読む

2017年ラーメン・オブ・ザ・イヤー

2015年から始めた今年一番美味しかった ...
続きを読む

2016年ラーメン・オブ・ザ・イヤー

去年から始めた今年に食べておいしかった物 ...
続きを読む

2015年ラーメン・オブ・ザ・イヤー

毎年毎年、食べ歩きを続けてますが、この店 ...
続きを読む

今年は5杯

最初の1杯めは今年の3月に食べた青森県八戸の「大野屋食堂」の「ラーメン」

メニューは、ラーメンとライスのみ。

スープをレンゲで一口飲むと、火傷しそうなぐらいアツアツのスープ。さすが北国のラーメン。脂も多めでスープが冷めないようになっています。鶏ベースに魚介の風味がしっかりとしている素晴らしいスープでした。魚介がくどくならないギリギリの良いバランスで主張しているスープ。


続いて2杯目は、東京の新宿にある「らぁ麺 はやし田」の「醤油らぁ麺」。

久しぶりに麺を食べて、
あ、美味しい。。
って思えたラーメンでした。

全粒粉を使用してるので小麦の風味としっかりとした歯ごたえの素晴らしい麺。

スープとの相性もバツグン。

感動のあまり、その後、通って「つけ麺」「のどぐろそば」「まぜそば」と食べてみました。どれも美味しかったですが、バランスの良さでダントツに醤油らぁ麺がおススメです。


そして3杯目は、東京の本郷三丁目にある「中華蕎麦 にし乃」の「山椒そば」

最初に中華そばを海老ワンタンと一緒にいただきました。こちらのお店は海老ワンタンと肉ワンタンがおすすめなので、両方頼みたかったのですが、我慢して海老ワンタンのみに。

その理由は、山椒そばを食べるため。そしてこれが大当たり。
中華そばも美味しかったですが、はやし田で感じたインパクトはありませんでした。
しかし、この山椒そばは、山椒が絶妙なバランスでスープに溶け込み、素晴らしかったです。


4杯目は、福岡県博多の「味一」の「とんこつラーメン」。グルメ仲間のシゲさんに教えていただきました。

去年のラーメン・オブ・ザ・イヤーで紹介した私が好きな八ちゃんラーメンは替え玉をしたくなるスープ。そして人を選ぶスープ。

味一は、飲み干したくなるスープで万人が美味しいと思うスープ。

とんこつラーメンでここまでスープを飲んだラーメンは、初めてかも。

高菜も美味い。


そして最後の5杯目は、大阪・北新地の「ペペラーメン」の冬限定の「ぺぺみそ」。

今年のフード・オブ・ザ・イヤー「最高の一杯部門」にも登場予定の北新地のバー・アランで飲んでいて「締めに久しぶりにペペラーメンに塩ラーメンでも食べに行こうかなぁ」とマスターの幸さんに話をしたら、「冬限定のぺぺみそっていう味噌ラーメン食べたことありますか?」と教えてくれた一杯。その時は、私の直前のお客さんでぺぺみそは売り切れ。どうしても諦めきれずに翌週、早めの時間に訪れていただきました。

豆乳とクリームチーズと白みそにしじみ、ネギ、めんま

まるでポタージュのようなスープですが、きちんと味噌の風味もしていて「ぺぺしお」が霞む美味さ。。(写真写り良くないけど、美味い!)

冬季限定ではなく、通年にしたらいいのにと思ったぐらい感動した一杯。

以上が2019年のラーメン・オブ・ザ・イヤーの5杯でした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください